2015年8月30日「みんなの学校」上映とパネル討論会を開催しました

来年の4月から「障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重しあいながら共生する社会の実現に資することを目的とする差別解消法」が施行されます。この法律で、日本の学校は変われるでしょうか?そのヒントを求めて、共に学び育つ教育を目指した大阪の大空小学校の日々を追った「みんなの学校」上映会を開催しました。小雨の降る肌寒い日でしたが、小さな子を連れたパパ・ママを含め、110名の参加者がありました。

「みんなの学校」上映後、筑波技術大学の一木玲子さん、DPI日本会議理事の海老原宏美さん、小学校教員宮澤弘道さんによるパネル討論がありました。